任意の名称を入力してください。

自動車税の払い忘れ

“車を下取りする際に税金の話がよくあがりますがこれは今まで払った税金が帰ってくるかどうか大事な部分。受け取れるなら少しでもいいから受け取っておきたいですよね。他にもリサイクル料金や、重量税などありますがここでは自動車税についてお話したいと思います

まず自動車税とは何でしょう?

自動車税とは車検を受ける際に生じる自動車重量税といった車検税ではなく所有しているだけで課せられる地方税です。
毎年4月1日に一年間分の税を納付する義務があります。

年度中に事故等で廃車になり抹消登録を行った場合には抹消登録をした翌月以降の税が冠付される、というものです。

自動車税を払い忘れても下取りは出来るのか?

車を売却する場合ディーラーは車のオーナーを貴方の名義から新しいオーナーの名義に変更しなければなりません。
その際必要になってくるのが自動車税納税証明書です。
自動車税が滞納されていると名義変更が出来ないのです。

自動車税の納付は所有者の義務でありますので下取りに出す前にしっかり滞納している分の税額を収め、その後に査定の手続きをとるようにしましょう。

万一納付を忘れたまま下取りに出した場合、車査定価格から未納分の税額を精算してくれるので納税通知書を用意した上で担当のディーラーに確認を取ってみましょう。

ただし、「ディーラーが払ってくれるなら自分で行かないで下取りしてもらうまで納めなくていいや」と悠長に構えては絶対にいけませんよ。自分で払うにしろディーラーが払うにしろ納付の期限が過ぎているので延滞料も発生します。

この延滞料金が自動車税の場合かなり高いのです。

例えば自動車税は6万円だとすると約8400円もの延滞金を払わなければなりません。

延滞金は年利で14%の利息がつき、もはやサラ金並みの高利で税金を要求されるのです。そのままにしておくとかなり高額になって大変なことになってしまいます。出来るだけ早く納めるようにしましょう。

iPhone