任意の名称を入力してください。

愛車のローンがまだ残っている!

“皆さんの中で例えば今乗っている車のローンが20万円ほど残っているんだけどこの車を下取に出して新しい車に買い換えることは出来るんだろうかと疑問に思っている人はいませんか?

まず、ローンが残っていても車を下取に出すことは可能です。
しかし、厳密に言えばローンで購入した車は所有者名義が信販会社であったりディーラーであったりするのでまずは所有権解除の手続きが必要です。
この手続きにはローンが完済されていることが条件です。

査定額でローン返済額を充当できる場合には買取額でローン完済し、余った分が返金されるわけです。
なのでまずはディーラー、車買取業者に車のお見積りをお願いしましょう。

次に多いのは車の買取額がローン残債に届かなかった場合。

このときには二つの方法があります。
まずは現金でローンを返済するパターンです。
例えば車の買い取り額が60万円だとしてローン残債が80万円だとしましょう。
ローン残債の残りの20万円は現金で返済して車を下取、もしくは買い取ってもらうのです。
これが一番多い方法だと思います。


続いて今までのローンに上乗せしてローンを組みなおすという方法です。

同じようにローン残債が20万円残ってしまったときに新車の180万円に上乗せして新たに200万円のローンを組みなおすということです。
ただし、これに関しては上乗せローンを扱わない企業や、新車のローン金額の○%しか上乗せできないといったように会社によって変わってきますので前もって相談しておくようにしましょう。

ローン残債を払いながら新車を別に買うということも出来ますが、それが出来るのは車の所有者が自分の名義になっている場合だけです。先ほども説明したとおり大体はローン会社が名義となっていると思いますので一度車検証で所有者を確認するようにしましょう。

それよりも限度額を超える場合には複数のローンを一本にしてくれるローンもあるのでそれを利用するといいと思います。

どの方法を使う場合も慎重にあまり無理をしないような車の購入を心がけるようにしましょうね。”

iPhone