任意の名称を入力してください。

契約後のキャンセルについて

“ディーラーと話し合って新車購入と同時に愛車も売却することが決定!
50万円で下取に出してもらえることになりました。
しかし、納車数週間前に親戚の人からぜひその車を引き取りたいといわれたので車の下取をキャンセルしたい!といった例があります。

この場合車の下取をキャンセルすることは出来るのでしょうか?

車を下取に出す際には契約書にサインをしてディーラーとの売買契約が完了しているはずです。ディーラー側にすれば店頭で販売する準備や中古車オークションで売る準備がされておりくるはずの下取車が来ないとなればそれは損害となってしまいます。
よって契約書の中身に従い、一定の期間が過ぎてしまうと契約違反となり、こちら側から一方的に解約しようとすると違約金(キャンセル料)を請求される可能性があります。
また、新車購入の段階で「20万円ほど値引きしますね」とディーラーと交渉することもあるでしょうがディーラー側からしてみれば、その20万円の中には車を下取に出してくれるために値引きできる金額が含まれているはずです。
なので、下取をキャンセルした際には新車の値引き分もマイナスにされる可能性があります。

他のパターンであれば下取手続き費用や査定料が含まれている下取をしてもらうより買取のほうが高いからそちらにしてもらうということもあります。

まず、代行費用や査定料といったものは一部には手間さえかければ自分自身で手続きが出来るものもありその分は無料に出来ますし、買取業者のほうでは査定料がかからなかったといえば幾分の値引き、もしかしたら無料に出来るかもしれません。
先ほども言ったように車両本体の値引き分に下取価格の上乗せがある可能性があります。

よってすぐに下取をキャンセルするということはせずにまずは買い取り業者にお見積りだけしてもらい下取価格よりも高ければまた考えるようにするべきかと思います。

基本的には下取よりも買取のほうが価格は高いのです。
はじめに出した例のような突然のキャンセルならしょうがないですが下取から買取に変えるという方は事前準備が足りないと思われます。
ご自身の愛車の買取価格を最初に把握するようにしましょう。

iPhone