任意の名称を入力してください。

こんなキズは査定に影響する?

車を買い取りに出す場合に細かい傷がついた部分があったりバンパーが少しへこんでしまったりと修理に出してから買取に出したほうがいいのか分からないキズが出てくるときがありますよね。
このページではそのような代表的な事例にどのように対処したら良いかポイントを挙げたいと思います。

細かいキズがついている場合

細かいキズというのは乗っているうちに必ずついてしまうものです。
業者の方もそれほど細かいキズには気にしませんし大きな減点も付けられません。
しかも、もし2万円もかけてそのキズを直したとしても買い取り業者のほうはもっと安い値段で修理することが出来るので決して2万円以上の価値をプラスして付けられるとは限らないのでやるだけ無駄です。

バンパーが傷ついている場合

「今はまだ下取に出すわけではないけどバンパーに深い傷を付けてしまってバンパー交換が必要だといわれた。査定に大きく影響がでてしまうから変えたほうがいいのか?」
ドアの交換フレームに影響がでるヘコミである場合は事故車扱いとなって大きく査定が減点されますが、バンパー交換をするだけでは事故車扱いにはなりません。
キズが気になるのであれば直してもいいです(そのほうが査定の時には大きなキズがないということでスムーズに査定が出来ます。)
ですが、バンパー交換の値段よりお見積額がアップするわけではないので気にならないようであればそのまま交換しないほうが得策だと思います。

色直しはするべきなの?

傷が目立ってしまうから車のカラーを変えたいという方もいるかもしれません。
勿論今後も使うし気分を変えたいからというい理由なら全然かまわないのですが、
査定も近いし…ということでやろうと思っているなら止めたほうが良いです。
なぜなら色替え車は買い取った後で部品を発注する際に部品が元の色で入庫されるし
フレームナンバーと車体色が合わないので年式やグレードもうそをついてるのではないかと疑われて車査定の際にはとてもデメリットになってしまうからです。

iPhone