任意の名称を入力してください。

疑問解消!お悩み解決講座

車を買い取りに出す場合に細かい傷がついた部分があったりバンパーが少しへこんでしまったりと修理に出してから買取に出したほうがいいのか分からないキズが出てくるときがありますよね。
このページではそのような代表的な事例にどのように対処したら良いかポイントを挙げたいと思います。

細かいキズがついている場合

細かいキズというのは乗っているうちに必ずついてしまうものです。
業者の方もそれほど細かいキズには気にしませんし大きな減点も付けられません。
しかも、もし2万円もかけてそのキズを直したとしても買い取り業者のほうはもっと安い値段で修理することが出来るので決して2万円以上の価値をプラスして付けられるとは限らないのでやるだけ無駄です。

バンパーが傷ついている場合

「今はまだ下取に出すわけではないけどバンパーに深い傷を付けてしまってバンパー交換が必要だといわれた。査定に大きく影響がでてしまうから変えたほうがいいのか?」
ドアの交換フレームに影響がでるヘコミである場合は事故車扱いとなって大きく査定が減点されますが、バンパー交換をするだけでは事故車扱いにはなりません。
キズが気になるのであれば直してもいいです(そのほうが査定の時には大きなキズがないということでスムーズに査定が出来ます。)
ですが、バンパー交換の値段よりお見積額がアップするわけではないので気にならないようであればそのまま交換しないほうが得策だと思います。

色直しはするべきなの?

傷が目立ってしまうから車のカラーを変えたいという方もいるかもしれません。
勿論今後も使うし気分を変えたいからというい理由なら全然かまわないのですが、
査定も近いし…ということでやろうと思っているなら止めたほうが良いです。
なぜなら色替え車は買い取った後で部品を発注する際に部品が元の色で入庫されるし
フレームナンバーと車体色が合わないので年式やグレードもうそをついてるのではないかと疑われて車査定の際にはとてもデメリットになってしまうからです。

下取よりも買取の方がお得であると何度も言っていますが逆に下取の方が高い値段で買い取ってくれる場合はどのようなときなのでしょうか?

買取の場合では人気車であればあるほど効果な値段で買い取ってくれますが逆に不人気の車種であれば買い取っても少しのお金にしかなりません。もしかしたら「値段が付けられないです」といった車も出てくるかもしれません。

そのときは下取に出したほうがお得の場合が多いです。
下取は新車を購入してくれるための値引き手段と考えても良いでしょう。なのでもっと高価な車を買ってくれるなら幾分かは高い値段で下取をしてあげましょうということがよくあるのです。


このような場合には下取に出すという方法が良いと思います。

または国産車であったり新しく買うディーラーが今まで使っていた愛車を買った所と同じ場合であったり、「買い取り強化キャンペーン」などやっているときには高く買い取ってくれるでしょう。

査定で高く買い取ってくれる車種ですがやはりこれは今人気のハイブリッド車であったり軽自動車でしょう。

燃費が善くて環境性能が優れているトヨタのプリウス、AQUA,レクサスあたりでしょう。
軽自動車であればスズキのワゴンR。室内空間ひろびろのダイハツのタントです。

ファミリーカーもいつの時代でも高価に買い取ってくれる車です。トヨタのヴォクシーや日産のエルグランド、同じく日産のセレナといったところです。

またディーラーの中では色に関しても評定の基準に入っているところもあります。
なので車種によっても人気の色であるならば高く下取してくれるはずです。

しかし、色や車種に関していえば人気で高く買取をしてくれるからといって決めるものではありません。それに下取は新しく買うための新車の値引きの手段程度に考えておくのがよいのです。ご自分が好きな車種、色を買うのが一番です。

“ディーラーと話し合って新車購入と同時に愛車も売却することが決定!
50万円で下取に出してもらえることになりました。
しかし、納車数週間前に親戚の人からぜひその車を引き取りたいといわれたので車の下取をキャンセルしたい!といった例があります。

この場合車の下取をキャンセルすることは出来るのでしょうか?

車を下取に出す際には契約書にサインをしてディーラーとの売買契約が完了しているはずです。ディーラー側にすれば店頭で販売する準備や中古車オークションで売る準備がされておりくるはずの下取車が来ないとなればそれは損害となってしまいます。
よって契約書の中身に従い、一定の期間が過ぎてしまうと契約違反となり、こちら側から一方的に解約しようとすると違約金(キャンセル料)を請求される可能性があります。
また、新車購入の段階で「20万円ほど値引きしますね」とディーラーと交渉することもあるでしょうがディーラー側からしてみれば、その20万円の中には車を下取に出してくれるために値引きできる金額が含まれているはずです。
なので、下取をキャンセルした際には新車の値引き分もマイナスにされる可能性があります。

他のパターンであれば下取手続き費用や査定料が含まれている下取をしてもらうより買取のほうが高いからそちらにしてもらうということもあります。

まず、代行費用や査定料といったものは一部には手間さえかければ自分自身で手続きが出来るものもありその分は無料に出来ますし、買取業者のほうでは査定料がかからなかったといえば幾分の値引き、もしかしたら無料に出来るかもしれません。
先ほども言ったように車両本体の値引き分に下取価格の上乗せがある可能性があります。

よってすぐに下取をキャンセルするということはせずにまずは買い取り業者にお見積りだけしてもらい下取価格よりも高ければまた考えるようにするべきかと思います。

基本的には下取よりも買取のほうが価格は高いのです。
はじめに出した例のような突然のキャンセルならしょうがないですが下取から買取に変えるという方は事前準備が足りないと思われます。
ご自身の愛車の買取価格を最初に把握するようにしましょう。

新車購入のときには下取車がないと値引きが期待できないのではないか。
例えば限界までがんばって交渉して10万円まで下げられるところを下取の車がなければ5万円までしか値引きが出来ないのではないか?と疑問にもっている方はおられませんか?

そんなことはありません。
値引き額は下取とは全く関係がありません。
ただ他の記事でも書いているとおり、下取車を付けて売れば新車の支払い総額が安くなるのは当たり前です。だって、下取というのは前の愛車に下取価格を出してその価格分を新車購入に補填するというものですから。書類上は新車の本体から値引きをするには限界があるでしょうが下取価格をその分上乗せしてあげるという調整が可能にもなるからです。さらに査定に出したときには0円を付けられた車でも3万円程度かと思われますが幾分は下取に出してくれるのです。

「車両本体の値引き」と「下取車の買取金額の区別」をはっきりするともっと交渉が上手くいくかもしれません。

例えば、「車両本体のほうでは○万円しか値引きしてもらえないですけどその分下取に出した車の買取額を上げてもらえませんか?」といった具合にです。
そちらであれば…と更に車両を安く購入することが出来ます。

“皆さんの中で例えば今乗っている車のローンが20万円ほど残っているんだけどこの車を下取に出して新しい車に買い換えることは出来るんだろうかと疑問に思っている人はいませんか?

まず、ローンが残っていても車を下取に出すことは可能です。
しかし、厳密に言えばローンで購入した車は所有者名義が信販会社であったりディーラーであったりするのでまずは所有権解除の手続きが必要です。
この手続きにはローンが完済されていることが条件です。

査定額でローン返済額を充当できる場合には買取額でローン完済し、余った分が返金されるわけです。
なのでまずはディーラー、車買取業者に車のお見積りをお願いしましょう。

次に多いのは車の買取額がローン残債に届かなかった場合。

このときには二つの方法があります。
まずは現金でローンを返済するパターンです。
例えば車の買い取り額が60万円だとしてローン残債が80万円だとしましょう。
ローン残債の残りの20万円は現金で返済して車を下取、もしくは買い取ってもらうのです。
これが一番多い方法だと思います。


続いて今までのローンに上乗せしてローンを組みなおすという方法です。

同じようにローン残債が20万円残ってしまったときに新車の180万円に上乗せして新たに200万円のローンを組みなおすということです。
ただし、これに関しては上乗せローンを扱わない企業や、新車のローン金額の○%しか上乗せできないといったように会社によって変わってきますので前もって相談しておくようにしましょう。

ローン残債を払いながら新車を別に買うということも出来ますが、それが出来るのは車の所有者が自分の名義になっている場合だけです。先ほども説明したとおり大体はローン会社が名義となっていると思いますので一度車検証で所有者を確認するようにしましょう。

それよりも限度額を超える場合には複数のローンを一本にしてくれるローンもあるのでそれを利用するといいと思います。

どの方法を使う場合も慎重にあまり無理をしないような車の購入を心がけるようにしましょうね。”

“車を下取に出すときにガソリンはどのくらい残したほうがいいのでしょう?
あまりに少なすぎるとディーラーさんにいやな顔されるんじゃないか?
もしかしたらガソリンの量が料金に反映されてしまうの?

あらぬ不安がいろいろと浮かび上がってくるでしょうが全く気にすることはありません。
下取でお見積りに出しているのは外装や走行距離といった部分でガソリンの量なんて入っていませんのでメーターが1目盛りも残っていれば十分です。下取車は納車後にはそれほど距離は走りませんのでランプが点灯した状態で渡しちゃってもかまわないでしょう。

ディーラーさんが車をこちらまで持ってきて今までの車を持ち帰ってくれる場合はお店までたどり着けるくらいのガソリンを残してあげたほうがもちろんいいでしょうが、、

次に中古車を購入する方がガソリンの銘柄に凝っている人ならば要らない燃料でしょうし、廃車の場合であったら燃料は揮発性の高い危ないモノでありますので処理にも結構手間取ってしまいます。
なので出来る限りこちら側で処理してあげるのがいいことだと思います。

ガソリンがもったいないので納車前の一週間は1000円分ずつ給油してほぼ空の状態で下取に出してあげるのが節約にもなっていい方法なのではないでしょうか。

満タン近くで出すことになりそう!という方は燃料を抜いて入れ替えてもらえるかお店の方に聞いてみるといいと思いますよ。”

下取りや査定に出す場合にボディのへこみや傷というものは減点対象になってしまうのはもちろんです。
では日常で出来てしまうような小さいキズはどうなるのかといえばこちらはあまり対象になることはありませんので安心してください。


大きな傷の場合は下取り査定をする前には修理をしてから出せばいいのかという質問はよく聞かれます。

ドアの交換や車体のフレームに影響を及ぼすレベルであれば事故車扱いにされてぐんと値段は下がってしまいますので気をつけて欲しいのですが、
もちろん、キズの程度によっては変わってくるところでしょうが基本的にはそのままの状態で下取りをお願いしたほうが得になります。お見積りの段階で修理費用といった新しい項目も増えないので安心してください。

実は下取りをした後に業者が車修理店で頼む金額と私たちが頼んだときの金額は異なり
複数台の下取り車を一括でお願いする前者のほうがはるかに安く出来るので任せてしまったほうがいいのです。


もし、修理するのであればキズがない状態での見積価格を査定して貰った上で自分が修理できるのか、出来ないとしたら業者に頼んでこの値段の範囲内ですむのかということを考えましょう。

線キズ位であればワックススポンジやコンパウンドを使って直せる方ならキズ修理に挑戦してみてもいいですが値段が上がるからといって安易に素人の方が試してみるのはやめましょう。

逆にキズを広げてしまってオークションなどで車を売る時に目立ってしまうのでそのままの状態で持ってきて欲しいという業者の方からの声も聞きます。

なので自分で直せるキズなら直してみる、業者に頼むようなキズであればそのままでという考えでいいでしょう。

それよりも自分で簡単に改善できて値段が変わる場所があります。
それは内装の汚れや臭いです。
特にタバコやペットの臭いというのはそれだけで値段が変わってしまいますので臭いを除去した段階で下取りをお願いするようにしましょう。
また、下取り前には洗車をしておくことも忘れないようにして下さい。

“車を下取りする際に税金の話がよくあがりますがこれは今まで払った税金が帰ってくるかどうか大事な部分。受け取れるなら少しでもいいから受け取っておきたいですよね。他にもリサイクル料金や、重量税などありますがここでは自動車税についてお話したいと思います

まず自動車税とは何でしょう?

自動車税とは車検を受ける際に生じる自動車重量税といった車検税ではなく所有しているだけで課せられる地方税です。
毎年4月1日に一年間分の税を納付する義務があります。

年度中に事故等で廃車になり抹消登録を行った場合には抹消登録をした翌月以降の税が冠付される、というものです。

自動車税を払い忘れても下取りは出来るのか?

車を売却する場合ディーラーは車のオーナーを貴方の名義から新しいオーナーの名義に変更しなければなりません。
その際必要になってくるのが自動車税納税証明書です。
自動車税が滞納されていると名義変更が出来ないのです。

自動車税の納付は所有者の義務でありますので下取りに出す前にしっかり滞納している分の税額を収め、その後に査定の手続きをとるようにしましょう。

万一納付を忘れたまま下取りに出した場合、車査定価格から未納分の税額を精算してくれるので納税通知書を用意した上で担当のディーラーに確認を取ってみましょう。

ただし、「ディーラーが払ってくれるなら自分で行かないで下取りしてもらうまで納めなくていいや」と悠長に構えては絶対にいけませんよ。自分で払うにしろディーラーが払うにしろ納付の期限が過ぎているので延滞料も発生します。

この延滞料金が自動車税の場合かなり高いのです。

例えば自動車税は6万円だとすると約8400円もの延滞金を払わなければなりません。

延滞金は年利で14%の利息がつき、もはやサラ金並みの高利で税金を要求されるのです。そのままにしておくとかなり高額になって大変なことになってしまいます。出来るだけ早く納めるようにしましょう。

下取の相場というのは車によっても違いますし各ディーラーによっても評点を付けるポイントが違うのでこれといったものはありません。
一番はディーラーに直接聞くのが一番なのですが新しい車を購入するときでもないと訪れにくいものがありますよね。

そこでひとつの指標となる下取価格を調べる方法がありますのでぜひ使ってください。
それはこの式です。
買取価格×0.85

この式には買い取り価格を知る必要がありますのでまずは買い取り業者の方にお見積りをお願いする必要があります。
オンライン一括お見積り査定ならば1分ほどで調査が完了してしまいますのでとても楽だと思います。
では、なぜ買取価格を元に計算するのか?

それは競合会社がいる買い取り業者のほうが市場価格をはるかに敏感にチェックしていますのでディーラーが提示する下取価格を最低ラインとしてその10~20万円は簡単に提示してくれます

iPhone