任意の名称を入力してください。

下取対策金

“ディーラーやメーカー直営店では特定の車種が下取に出された場合には下取対策金というものがとられていたりします。

下取対策金ってなんでしょう?

メーカーが下取車に対策金を付けてあげることで査定価格にプラスして更に高値で下取りを出せるものです。
これがあれば例えば「ある新車を購入する場合には○○メーカーが○万円まで下取に対策金を出します。」であったり、直営店であれば下取車が他のメーカーの車だったりするとメーカーが下取対策金を出してくれたりするので下取の値段をあげてもらえるといった具合です。


買い取り専門店が査定した結果0円だった車が下取に出したら5万円で下取に出してくれるというパターンもこの対策金が絡んできているからです。ほかにも強化買取キャンペーンなどで15万円上乗せして下取できますよといったキャンペーンもそうです。

ただし、このキャンペーンには気をつけて欲しいことがあります。
キャンペーンは3,6,9,11月に行われることが比較的多いのですが、
やはり「査定15万円プラス!」といったうたい文句を掲げてるわけです。
先ほど話したように下取対策金が出されていることが多いのですが内訳を見てみると10万円分しかメーカーからは出されずに販売店から5万円を出している。なんてこともしばしば…

そんなとき販売店はどのように対処しているのでしょう?
それは下取額をアップする分値引き限度額を少なくしているんですね。
そうすれば差し引き0で実はキャンペーン中じゃないときと購入額が一緒??ということも起こりうるかもしれません。

この下取マジックに引っかからないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?
まずは交渉に入る前に愛車の買取値段を知ることです。そうすれば、実際に下取の交渉に入った際に優勢に動けます。
次に最初は下取はないといっておき、ぎりぎりまで値引きの交渉を行うのです。
そちらの交渉が終えた後から下取車が実はあるかもという話を出していきます。
そうすればキャンペーン中ならば絶対に(今回ならば)15万円は出さなくてはいけないわけですからお得に買えるわけです。
]

iPhone