任意の名称を入力してください。

下取と買取の違い

最大30万円も差が出てしまうから買取のほうが下取りよりお得なのです。と何度もお話していますが、「そもそもどちらも車を買い取ってくれるんだけど下取りと買取の違いって何?」という方もいるでしょう。

ここでは買取と下取りの違いについてお話したいと思います。

ずばり言ってしまうと扱うお店の役割が違うのです

まず下取りについて

車を新しく買い替えるときに今まで乗っていた車をディーラーに買い取って貰って、下取り額を新車の購入費用に充てることをいいます。

ディーラーに下取りをして貰う場合下取り基本価格表を基本としてそこから車に出来ている傷や内装、年式等を評定していきます。

次に買取について

こちらは新車購入とは無関係で車買取専門店がお見積りを出してくれて車を買い取ってくれます

このとき基準となるのは先ほどとは違い市場相場となります。
なので年式や走行距離とは関係なしに季節や時期によっては高価に買い取ってくれる場合がありますし、人気のものはそれだけで高くなります。

逆も然りで今まで市場相場価格の下落によりいきなり買い取り価格が下がってしまった!ということもありますので気をつけましょう。

また、どちらにもメリットデメリットがあります

下取りについて新車購入が安く済むというのが1番のメリット。更に同じメーカーで下取りをお願いすれば相場よりも高く買い取ってくれる場合があります。

逆にデメリットとしては買い取り専門店とは違いますので他社の方が高い買取額がついたとしてもそれに合わせてくれるようなことはないといっていいでしょう。
更に改造しているパーツによって下取り額が高くなるようなことはないので、改造車の方は注意する用意しましょう。

逆に改造車に関しては買取専門店にお願いしたほうがお得です。改造している部分は積極的に価格を高くしてくれます。
他社が高く買い取り額を提示してきた場合には更に高値を付けてくれることも多々あります。

お店によっては○○車買取専門!といったところもあるのでブランド車によってはそのようなお店にお願いしたほうが確実に高価で買い取ってくれます。

更にオークション相場で値段を基本的に決めてくれるので時期によっては価格が変動して下がってしまう場合にもありますが下取りよりも高い場合が殆どです。

iPhone