任意の名称を入力してください。

ディーラーの下取は損をする

新車を購入する際に今まで乗っていた自分の車をディーラーの下取りに出すことは中古車を売る手間が省けるのでやってしまう人が多いことと思いますがちょっと待ってください。

確かに車の年式が新しかったり外国者のディーラー、同じメーカーでの乗り換えによる下取りはディーラーが高くなる場合もありますが大半は買取業者に買い取ってもらったほうがお得なのです

その手間の省略で下手すれば50万円前後程度の損をしていることになるのです

では、なぜそんなにも落差が出てきてしまうのでしょう?

まず車を売ることを目的としないで新車購入と一緒に下取りを行ってしまいますので他の競争相手である買い取ってくれる業者がいないことです。このせいでお客様は車の市場相場が分からずに話を聞いてしまいます。

次に多少下取り額を低く設定しても新車の値引きも一緒にしたりと巧妙にお得であるように見せてきます。
例えば実際には250万円で買い取ってくれる車があるとしてディーラーは220万円で下取りする代わりに新車を10万円値引きしましょう。といった具合です。あなたは20万円もの損をしていることになります。


しかし、自分の車の値段も知らないので大体のお客様はこれでも断らないのです。

特に最終的な金額には諸費用、値引きといった点で紛らわしてきますので注意してみるようにしましょう。

次に査定の仕方の違いにも買い取り額の違いがでてきます
買い取り業者は市場の買い取り相場を基準に査定を行います。対してディーラーでは年式、距離、傷といった点で評価をします。この違いにより年式がたとえ古くても人気がある車種であればディーラーは買い取り業者よりも低いお見積りになってしまうのです。

 どちらに買取を頼むにせよ大事なことは自分の車の買取相場をキチンと把握しておくことです。これで大幅な損を防ぐことができるのです。
そのためにもまずは一括査定サイトによる無料見積りをオススメします。

iPhone