任意の名称を入力してください。

キズはどれだけ影響するの?

下取りや査定に出す場合にボディのへこみや傷というものは減点対象になってしまうのはもちろんです。
では日常で出来てしまうような小さいキズはどうなるのかといえばこちらはあまり対象になることはありませんので安心してください。


大きな傷の場合は下取り査定をする前には修理をしてから出せばいいのかという質問はよく聞かれます。

ドアの交換や車体のフレームに影響を及ぼすレベルであれば事故車扱いにされてぐんと値段は下がってしまいますので気をつけて欲しいのですが、
もちろん、キズの程度によっては変わってくるところでしょうが基本的にはそのままの状態で下取りをお願いしたほうが得になります。お見積りの段階で修理費用といった新しい項目も増えないので安心してください。

実は下取りをした後に業者が車修理店で頼む金額と私たちが頼んだときの金額は異なり
複数台の下取り車を一括でお願いする前者のほうがはるかに安く出来るので任せてしまったほうがいいのです。


もし、修理するのであればキズがない状態での見積価格を査定して貰った上で自分が修理できるのか、出来ないとしたら業者に頼んでこの値段の範囲内ですむのかということを考えましょう。

線キズ位であればワックススポンジやコンパウンドを使って直せる方ならキズ修理に挑戦してみてもいいですが値段が上がるからといって安易に素人の方が試してみるのはやめましょう。

逆にキズを広げてしまってオークションなどで車を売る時に目立ってしまうのでそのままの状態で持ってきて欲しいという業者の方からの声も聞きます。

なので自分で直せるキズなら直してみる、業者に頼むようなキズであればそのままでという考えでいいでしょう。

それよりも自分で簡単に改善できて値段が変わる場所があります。
それは内装の汚れや臭いです。
特にタバコやペットの臭いというのはそれだけで値段が変わってしまいますので臭いを除去した段階で下取りをお願いするようにしましょう。
また、下取り前には洗車をしておくことも忘れないようにして下さい。

ずばっと ずばっと

必須 お車のメーカー
必須 郵便番号 - 郵便番号を調べる

楽天 楽天

              
必須 お車のメーカー
必須 郵便番号 - 郵便番号を調べる
楽天会員・非会員をお選びください
iPhone